贈答品の基礎知識

贈答品に何を贈るか、これは一年を通して悩んでしまうものです。特にこれから夏を迎えると、お中元の時期に入ります。すでにお中元ギフトを選び、贈り始めている方も多いのではありませんか。主に関東では7月初めから15日ごろまでに贈るのが一般的となっていますが、関西では8月初めから15日ごろに贈ることが多くなっています。地域によって細かい違いがありますので、遠方に贈る際は特に注意しましょう。

お中元とは、日頃からお世話になっている方への「お礼」の気持ちであり、お祝いの品ではありません。そのため本来であればお中元ギフトを持って、先方にお伺いして口頭で日頃の感謝を伝えたいところです。しかし遠方に住んでいたり、仕事などで伺えない場合もあるため、最近ではインターネットショップや店舗などから発送することが一般的になっています。その場合は挨拶状を同封するか、荷物が届くころに手紙や電話などで連絡をすることを推奨します。

お中元はあくまでも日頃の感謝を告げる品なので、御礼返しの品を送る必要はありません。しかし、お礼状だけは出すことをオススメします。無事に品物が到着したことを伝えるためにも、しっかりとしたお礼状を出しましょう。電話で済ませてしまう場合も多いですが、手紙などで感謝の気持ちを伝えるのが好まれています。 お礼状はお中元以外の贈答品にも礼儀として必要な行為ですので、円滑なお付き合いのためには、あえて一手間かけたお返事を作成しましょう。